よくある質問 Q&A施工例

  1. home
  2. 施工例
  3. よくある質問 Q&A

※詳しくは、瀬戸漆喰本舗(0823-84-0800)までお問い合わせください。

    Q.
    瀬戸漆喰は粉の漆喰ですか? 色は真っ白ですか?
    A.
    瀬戸漆喰は、イオン水を混合した既調合の砂漆喰です。骨材の砂の色で、ややグレーがかって見えますが、乾くと真っ白な漆喰です。質感は砂漆喰ですので平らに仕上げても、ゆずはだの様に少しデコボコに仕上がります。仕上げ模様を変えることで様々な壁面に仕上がります。
    Q.
    瀬戸漆喰は畳1枚くらい(約2平米として)にどのくらい必要ですか?
    A.
    瀬戸漆喰の下地の種類で相違します。下地が木摺りですとだいたい3袋(1袋20㌔入×3=60㌔)、下地がプラスターボード等ですと、だいたい2袋(1袋20㌔入×2=40㌔)必要です。プラスターボードへの施工は必ず下地処理剤を塗り、しっかり乾いた後、瀬戸漆喰を塗ってください。※1度塗が4mm厚として8mm厚の場合-但し施工で相違いたしますのであくまでも目安です。
    Q.
    プラスターボード(石膏ボード)の上に塗れますか?
    A.
    瀬戸漆喰は木小舞パネル(木摺り)への施工用に、これまでの砂漆喰の欠点を改良した製品です。
    石膏ボードに施工される場合は、専用下地材の新商品『モクバ』、旧商品『ライマ-S』(在庫限り)を用意しております。
    Q.
    ビニールクロスに直接塗ることはできますか?
    A.
    ビニールクロスの上に塗られる際は、下地に、専用下地材の新商品『モクバ』、旧商品『ライマ-S』(在庫限り)等の下地処理剤を塗り、しっかり乾いた後、瀬戸漆喰を塗ってください。但し、弊社での施工では、後で接がれる等の不具合の事を心配し、ビニールクロスをはがし、その上に下地処理剤を塗り、しっかり乾燥後、瀬戸漆喰を施工しています。
    Q.
    未開封及び開封後の保存期間はどのくらいですか?
    A.
    未開封の状態で、袋が破れたり、また、開封していなければ長い間保存できます。
    瀬戸漆喰は、空気に触れて固まります。(二酸化炭素により固まります)ので、開封後は、しっかり密閉しておくことをお勧めします。
    Q.
    瀬戸漆喰を外壁に施工できますか?
    A.
    瀬戸漆喰を外部に使用される場合は、砂漆喰の特性として雨水は浸み込み、結晶が出ることがあります。強度については問題はありませんが 軒の出が余りない家には上塗りとして新商品『透湿防水漆喰』を塗ることをお勧めします。
    Q.
    石膏ボードの施工の場合でも中塗り、上塗りが必要ですか?
    A.
    石膏ボード下塗り⇒中塗り⇒上塗りが良いです。
    Q.
    瀬戸漆喰は着色できますか??
    A.
    上塗り時に色粉などを混ぜる事で色付けも可能です。瀬戸漆喰は天然由来の自然素材からつくられていますので、『弁柄』,『黄土』などの地域特有の色土など,同じ自然素材にて着色しパターンをつくる事も可能です。地産地消につながる地域素材で、オリジナルの壁をつくられてはいかがでしょうか? ※但し、瀬戸漆喰は色を混ぜても白くなる性質がある為、その点ご注意下さい。